■リンク色に関する注意 この色は通常リンク この色は自動挿入された広告リンク

2004年06月01日

ヒューマンインタラクション 7th

PCが壊れているので早めに手をつけましょう。(そういうときに限って課題じゃなかったりするのだが)
んー久しぶりのコンポーネントですな。

まぁなにわともあれ課題は何か?と。


摂氏(C)から華氏(F)への相互変換を行うインタフェースのデザイン

「華氏75.2度を摂氏に変換してください」のような質問に答えるため、

ディスプレイ上に摂氏⇔華氏を行うインタフェースを設計したい。ただし、


 (1) 摂氏→華氏、華氏→摂氏の頻度はほぼ同じ

 (2) 温度は大抵は浮動小数点で、桁数は平均4桁

 (3) 数値の入力にはキーもしくはマウスを使用

 (4) 変換結果はディスプレイに出力



設計できたら、実際にJava で実装してみよう。


と、いうことらしいです。続きを読む
posted by 梅蔵 at 21:19| Comment(1) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月27日

PC

大破。

大破ぁ!

大破ぁ!!

大破ぁ!!





大破ぁ!!




大破ぁ!!




大破ぁ!!


大破ぁ!!

大破ぁ!!






たいたいたいたいたいたいたい破ぁ!!





































たぁい♪(ひまわり風)続きを読む
posted by 梅蔵 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月17日

PHPテキストカウンタ

画像を使ったカウンターはよく見かけますが、テキストカウンタはあまり見かけませんよね。
みつけても動かせないとかね。

で、腹がたったんで自分で作っちゃいました。

PHPです。
PHP TEXT COUNTER

一応解説?あてにしないでくださいね。続きを読む
posted by 梅蔵 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月14日

JFlexのインストール

どうなんでしょう、マイナーなんじゃないですか?
なにはともあれインストしましょうよ。

バージョンは1.4です。それ以外はしらないです。

その他環境&条件
条件
J2sdkのインストール(バージョンは1.1以上か?)
コマンドプロンプトで操作ができる。
環境変数について理解している。
パスについて理解している。
JAVA_HOMEパスが設定されている。
英語の読解

環境
win2k
J2sdk1.4.2

ダウンロード元
JFlex
ZIPファイルを落としてきてください。

ほい準備完了続きを読む
posted by 梅蔵 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月30日

単位計算

あれ?管理人単位平気か????

ちょっと計算してみようかしら。
ここまでFULL単で80単位ということは管理人は78単位。
卒論関係が8単位あるから三年終了時にーー、、、


あれ?続きを読む
posted by 梅蔵 at 01:43| Comment(1) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月24日

Servlet 01

ぐはっ。これを書くのは二度目です、、、。

大学でServletをやることになったので確認のためにログログしときましょうかね。

まずは環境
O  S  :Win2kPRO
サーバ  :Apache2 + Tomcat5
JAVA API:1.4.3
Editer  :Terapad

まず確認しなきゃならないのは、J2SDKがインストールされていることと、Servletをコンパイル、実行するためにServletパッケージが必要ということです。
SDKに関してはSunのページ、ServletパッケージはTomcatに付属しているのを使います。
特にServletパッケージにはコンパイルの時にクラスパスを設定してやる必要があります。

では定番Hello Worldをやりましょう。
HelloWorld.java

でもってあてにならない解説。
4行目 extendsしてるのはhttpリクエストを処理するためのクラス。
5行目のメソッドはオーバーライドする形になります。
doGetを使うことによってGETメソッドでアクセスされたときの処理をおこなうことができます。
7行目 出力の型を設定します。プレーンテキストなんかも出力できます。
8行目 出力するためのストリームをgetメソッドを使って入手します。
9〜16行目 HTMLを出力します。
17行目 開いたストリームは閉じておきます。


アプリケーションを有効にするためにweb.xmlファイルに記述、エイリアスの定義をします。
で、こんな感じでアクセス
http://localhost:8080/tomcat/hello
ほんとTomcatの設定とかはほかのところで調べてください。
詳しくはやれません。


今回はここまで。以上 管理人による管理人のための覚え書きでした。
posted by 梅蔵 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月16日

データベース演習

んーーーいや今日はたいしたことやってないですね。
課題はまじめにやったほうがよさそうですね。

演習での設計記述様式

課題 大学の学生の受講管理を行うアプリケーションを開発したいとしよう。このアプリケーションではどのような前提や状態で何をすることが求められるのか検討せよ。
(設計:その1)このアプリケーションのためにどのようなデータが必要か見つけ出し、そのデータの生涯を描け。

(設計:その2)このアプリケーションが利用される状況にはどのようなものがあるか挙げよ。

(設計:その3) 設計その1で挙げたデータをファイルのデータ項目として記述せよ。

(設計:その4) 設計その2で挙げた状況別に、このアプリケーションで必要な処理機能を列挙し、その各々について、アプリケーションプログラムの処理概略を擬似コードで示せ。
posted by 梅蔵 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月12日

後置記法

中置記法の数式を後置記法に変換するjavaのプログラム。

実行方法
ex [式]
式は空白の入っていない連続した、文字列。
使える演算は四則演算のみ。

そうそうおきまりの
「このプログラムに関して何が起きても管理人は責任をとりません。」

import java.util.*;

public class ex {
private Stack st;
private String str;

public static void main(String args[]){
if(args.length != 0){
ex e = new ex(args[0]);
e.convertPostfixNotation();
}
}

ex(String s){
str = s;
st = new Stack();
}

private int prec(char a){
int ch = checkOperator(a);
if(0 < ch && ch <= 2){
return 1;
}else if(ch <= 4){
return 2;
}else{
return 0;
}
}

private int checkOperator(char a){
switch(a){
case '+':return 1;
case '-':return 2;
case '*':return 3;
case '/':return 4;
case '(':return 5;
case ')':return 6;
default:return 0;
}
}

private char peekChar(Stack st){
return ((Character)(st.peek())).charValue();
}
private char popChar(Stack st){
return ((Character)(st.pop())).charValue();
}
public void convertPostfixNotation(){
String output = "";
char ope[] = str.toCharArray();

for(int i = 0;i < ope.length;i++){
int operator = checkOperator(ope[i]);
if(operator == 0){
output += "" + ope[i];

}else if(operator <= 4){
if(!st.empty()){
while(prec(peekChar(st)) >= prec(ope[i])){
output += "" + popChar(st);
if(st.empty())break;
}
}
st.push(new Character(ope[i]));
}else if(operator == 5){
st.push(new Character(ope[i]));
}else{
while(true){
if( peekChar(st) == '('){
st.pop();
break;
}else{
output += "" + popChar(st);
}
}
}
System.out.println("stack|"+st.toString());
}
while(!st.empty()){
output += "" + popChar(st);
}
str = output;
System.out.println(str);
}
}
posted by 梅蔵 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Formal Software Engineering

↑っていう、授業を受けてきました。
とっても興味深い講義でした。これからが楽しみです。

ちなみに今は心理学です。
教授が「私は私語が嫌いです」なんて言ってますよ。
最近の大学生をわかってない。わかろうとしてないですね。

ここの大学で心理学なんてあからさまな単位つぶしでしょう。
posted by 梅蔵 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。